産業看護師 求人

産業看護師になるには?産業看護師の求人を見つける方法とは?

認定産業看護師とは?


産業看護部会の認定する産業看護師。 ひと口に看護師と言ってもその労働形態にはいろいろな形があるのですが、企業に所属して従業員の健康管理を行っていくのが産業看護師です。 日本産業衛生学会の産業看護部会が設定している課程を修了した看護師が産業看護師として認定されて登録するもので、特定の国家試験が存在しているわけではありません。 認定されるためには一般衛生管理者の免許取得や、産業看護の実務経験も必要になってくるため、採用する側の企業としても産業看護師にはそれなりのスキルを期待することができます。 つまり一般の看護師と比較した場合、より手厚い待遇で迎えられるケースが多くなってきます。 医療施設での労働とはまた違ったモチベーションが生まれることもあってその求人動向には注目が集まっています。 看護のお仕事

 

タグ :    

産業看護師とは 産業看護師の認定

産業看護師とは


産業看護師とは、どのような仕事をしているのか。 産業看護師とは、病院ではなく企業の中で働く看護師です。 従って自分が働いている企業内の従業員のみを対象に、産業医の医療行為の補助を行っていきます。 その他に、予防医学の観点より健康相談、指導も行っていきます。 もう少し具体的に見ていくと、従業員の労働時間をチェックし、また働き方や周囲の労働環境をモニタリングしていきます。 そして、定期健診後に診断結果を基に健康状態と労働量とのバランスを監視し、必要に応じて健康相談室での相談やアドバイス、メンタルケアを行っていきます。 また人事担当者に対しては、産業医勧告の支援を行っていきます。 モニタリングや相談業務の他に、問診票や健康診断結果、病欠状況を基にした企業組織の健康データーを集計や管理といった業務も行っています。 看護のお仕事

 

タグ :    

産業看護師とは